罪ナル螺旋ノ檻

1895年クルストニア王国。首都から少し離れた町外れの丘に、死者を弔う鐘の音が響く…かつて、その地の英雄と呼ばれたとある貴族の葬儀だ。それが誰であろうと関係ない。参列している貴族たちとは永遠に関わることのない世界に俺は住んでいるんだ。貴族は貴族、使用人は使用人。その事実は変わらない。この先も、誰かに使われるだけの底辺な人生が続く。そう思っていた。あの時までは。

2016-05-28 | 未分類

関連動画