僕はビッチのエロ生贄

主人公、石栗陽平は親の仕事の都合で都会の学園に転入する事になった。転入初日。挨拶を済ませると、陽平はクラスの女子に囲まれた。転入生だからもの物珍しく思われるのは仕方ない、そう思っていたが…どうやら違うらしい。「ねぇねぇ。陽平くんって何センチ?」素直に身長を答えると、女子たちはクスクスと笑った。「そっちじゃなくてぇ。こっちのお・お・き・さ♪」サワッと股間に触れられる。彼女達が聞いていたのは身長ではなく、チン長…そう、この学園は地元では有名なヤリマンの女の子が多く通う「ヤリマン学園」だったのだ。知らずそんな学園に入ってしまった陽平は、ヤリマン女子達から猛烈なえっちアピールを受ける事になる。通学、授業中、休み時間、放課後…全てがエロで埋め尽くされたセフレ性活が始まる!

2017-06-26 | 未分類

関連動画